今あるシミを改善します|多くの女性から人気を集めるコンシーラー|肌トラブルを解消
女性

多くの女性から人気を集めるコンシーラー|肌トラブルを解消

今あるシミを改善します

ウーマン

ハイドロキノンの選び方

できてしまったシミを改善するシミ取りクリームはハイドロキノン配合のものしかなく、この成分は皮膚科などでも治療薬として処方されています。ただし医療現場で使用されているものと市販されているものは濃度が異なり市販されているものは1〜4%の低濃度のものになります。ハイドロキノンといえば刺激が高い成分としても有名ですが、4%程度までならほとんど副作用の報告はありません。しかし敏感肌などの人の場合は副作用の可能性は否めません。従って購入する際は低濃度でお試しキットがあるものが勧められます。またハイドロキノンは水溶性のためお肌への浸透があまりよくありません。そのため医療現場ではトレチノインと併用して浸透率を上げています。しかし市販のシミ取りクリームはこの成分は使用できません。角質層への浸透が良ければ低濃度でも高い美白効果がえられます。ですからお肌への浸透をよくするような工夫が施されているものを選ぶ必要があります。ハイドロキノンは熱や光に弱く、酸化して成分が変性し、刺激物質に変わってしまいます。そのため開封後1ヵ月程度で使い切る必要があります。ですから1ヵ月で使いきれるような少量タイプが望まれます。

効果的な使い方

シミ取りクリームに含まれるハイドロキノンの効果をしっかりと発揮させるにはお肌へいかに浸透させるかが問題となります。浸透のよい工夫が施されているシミ取りクリームでもさらに塗り方によって吸収に差が出てくるといわれています。有効成分が一番よくお肌に吸収されるのは、お肌の水分が多い時と、毛穴が開いている時といえます。そのような状態になっているのが入浴後です。入浴でお肌の汚れを落としきれいになった状態のところにシミ取りクリームを塗るとお肌への浸透が良くなります。また入浴後、しばらくしてから床に就く人が多いと考えられます。また22時からがお肌のゴールデンタイムとされ、この時間帯に成長ホルモンなども分泌されます。その間に古いお肌は新しく生まれ変わるのでさらにクリームの効果が発揮されます。またハイドロキノンはメラニンの生成を抑えてしまうので紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。ですからシミ取りクリームを塗ってから寝ると紫外線を浴びることがないので寝る前の使用が一番効果的といえます。